アルギニンサプリは、L-アルギニンのサプリメントを通販したい

アルギニンを効果的に働かせる摂取量

以前からアスリートやボディビルダーの間で、しなやかな筋肉をつけるためや筋力増加のために積極的に摂取されてきたのがアミノ酸の一種であるアルギニンです。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあることから、筋力増加のためには欠かせない成分でもあります。

それ以外にもアルギニンには、アンモニアの解毒作用に働きかける効果があったり、免疫力を高めたり、傷の治りを早めたり、美肌やアンチエイジングの効果があったり、ダイエットの効果もあると言われており、現在ではアスリートやボディビルダーに限らず多くの人が積極的に摂取するようになりました。

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、体内で合成できる非必須アミノ酸に分類されていますから、外側から補わなくても体内で合成することが可能です。しかし、アルギニンの体内合成量は残念ながら年齢を重ねるとともに減少していってしまうため、外側から補ってあげることが必要になってきます。

アルギニンを効果的に働かせるために必要な1日あたりの摂取量は2,000~4,000ミリグラム以上と言われていますが、これだけの量を体内で合成することには成人では無理があり、意識的に外側から補っていかなければ完全に不足してしまいます。

サプリメントに頼らずに毎日の食事から補うのが理想的な補い方ではあるものの、食べ物からこれだけの量を補おうと思ったらけっこう大変なこととも言えます。アルギニンは肉や魚、大豆や大豆製品などのタンパク質が豊富に含まれているものに多く含まれていますから、そういったタンパク質の豊富に含まれる食べ物を意識的に口にするのが理想的な補い方です。

しかし、例えばアルギニンが豊富に含まれていると言われる高野豆腐で1日あたり100グラム程度、鶏肉だと300グラム程度必要ですから、これではカロリーオーバーになってしまう可能性が十分にあるため、ダイエット効果のために摂取しようと思っている方にとっては逆効果になってしまいます。

ですから、アルギニンを外側から補おうと思った時には、食事からというのを基本にしつつ、それにサプリメントをプラスして上手に摂取するのが良さそうです。

サプリメントだけに頼ってしまうと1日あたりの摂取量が多くなりすぎてしまい、過剰摂取で胃腸に負担をかけてしまう可能性がありますから、必ず各サプリメントで指示されている1日あたりの摂取量を守るということが大切になります。

アルギニンの1日あたりの摂取量は先ほど書きましたが、あくまで目安量であり、全ての人に当てはまるという訳ではありません。体の大きさや体重などといったものによっても微妙に摂取量は変わる可能性は否定できませんので、過剰摂取にならないように注意し、必ず目安の摂取量以内で摂取するようにして下さい。

CONTENT

HOMEへ戻る